Vol.39 2011年5月号 « 個人を本気にさせる研修ならイコア

ホームサイトマップお問合わせ・資料請求
メールマガジン
サービス内容事例紹介講師紹介お客様の声イコアちゃんの部屋会社概要

Vol.39 2011年5月号

イ┃コ┃ア┃ ━「本気」を育む人事便り━ http://www.ecore-i.co.jp/ ━━━━┛━┛━┛
業務に役立つ人事・人材開発情報 Vol.39

2011.5.12発行
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※このメールは株式会社イコアインキュベーションのセミナーにご参加された方、
弊社スタッフと名刺交換をされた方、日頃お世話になっている皆様へ配信して
おります。
────────────────────────────────────

こんにちは。
イコアインキュベーション メルマガ事務局/井上です。

電力不足に悩む東日本。もうすぐやってくる夏が思いやられるという方も
少なくないのではないでしょうか?夏の暑さ対策に向け、今年は扇風機の売上が
前年比460%という驚異的な売上を伸ばしていますね。と同時に、夏の「ステテコ
パンツ」も売れているのだとか。汗でベタつくスーツの下にステテコを履いていると、
ステテコが汗を吸い取り、スーツがサラッとして気持ちいいそうですよ。昔と違い、 
今年はデザイン豊富なオシャレステテコが大流行。営業マンの必須アイテムになる 
こと間違いなしですね!私も父の日には、ステテコをプレゼントしようと思います。

さて今月は、6月に開催します『ダイバーシティ&インクルージョン』セミナー
のご案内、また、先月開催致しました『e-CORE新人公開コース“2011”』のご報告、
弊社代表の紺野による大人気シリーズのコラム「海軍におけるマネジメント」など、
今月も盛り沢山の内容でお届けします。みなさま最後までぜひお楽しみ下さい。

………………………………………………………………………………………………

┏▼ラインナップ

┣[1]セミナーのご案内
┃  《大好評受付中!》
┃  2011年6月14日(火)
┃  『ダイバーシティ&インクルージョン』セミナー
┃  自社にとってのD&Iをじっくり考えてみませんか?

┣[2]セミナーのご報告
┃  《満員御礼!》
┃  2011年4月4日-5日
┃     『e-CORE新人公開コース“2011”』
┃   「わかる」から「できる」人材(財)へ
┃         
┗[3]コラム:紺野真理の「海軍におけるマネジメント」(艦隊勤務雑感)
第18回:責任の重さの違い

┏━┓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1■セミナーのご案内
┗━┛—-《好評受付中!》
『ダイバーシティ&インクルージョン』セミナー
自社にとってのD&Iをじっくり考えてみませんか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

来たる6月14日(火)に、『ダイバーシティ&インクルージョン』セミナーを
開催いたします。グローバルやダイバーシティに関するテーマで幅広くご活躍
されている宮崎百合子氏をファシリテーターとしてお迎えし、ダイバーシティの
中でも、今回は“グローバル人財”と“女性活躍推進”にフォーカスして、
自社にとってのD&Iをじっくりと考えていただきます。ワールドカフェを
通して参加者同士の交流からヒントをつかむ充実のワークショップ。

日 時:2011年6月14日(火) 13:30~17:30
場 所:Caspa銀座 10F (地下鉄 銀座駅 B5番出口 徒歩1分)
対 象:人事・人材開発部門のご担当者様
参加費:無料
定 員:30名限定 ※完全予約制

– PROGRAM –
◆ グローバル時代に活躍する人財
◆ 女性が活躍する場を作る推進施策
◆ D&Iをテーマにしたワールドカフェ
◆ 質疑応答
ファシリテーター:株式会社クレーネ 代表 宮崎 百合子

コチラからお申し込み頂けます。↓↓↓
http://www.ecore-i.co.jp/topics/seminar/201104_ecore-10.html
(お申込み多数の場合、抽選となる可能性がございます)

┏━┓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2■セミナーのご報告
┗━┛—-《満員御礼》
『e-CORE新人公開コース“2011”』
「わかる」から「できる」人材(財)へ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『e-CORE新人公開コース“2011”』 「わかる」から「できる」人材(財)へ  が、
4月4日(月)~4月5日(火) 永田町 都市センターホテルで開催されました。
今年で2年目を迎えたイコアインキュベーションの新人公開コース。
今年は2クラス同時開催で、若手領域に実績のある講師と共に、モチベーションの
高い新入社員の皆さまと濃厚な2日間を過ごすことができました。
ご参加頂きました新入社員の皆さま、誠にありがとうございました。

───────────────────────────────────

『e-CORE新人公開コース“2011”』
「わかる」から「できる」人材(財)へ

【プログラム内容】
・ ビジネスマインドの醸成
・ ビジネスに求められるマナー
・ コミュニケーション
・ チームビルディング
・ メンタルヘルス

*少人数だからこそできる徹底的トレーニングは、自ら考えて行動することにより
多くの気づきを促すことができました。各々が、気づいたことを納得するレベル
まで、自身に置き換えて捉えることができ、濃厚な2日間だったということを
アンケートからも伺うことができました。これからの皆さまの現場での活躍を
期待しています。

▽ セミナー参加者のコメント(アンケートより抜粋)
・自社の同期だけでなく、他社の新入社員の方々と一緒に研修を受けられたのは
大変良い刺激になりました。
・自分から変わろうと思う気持ち、成長できたという気づきが本当に嬉しかった。
この心を大切に、さらに成長してすてきな社会人になりたいです。
・学生と社会人の違いというのは、頭ではわかっていても、それを行動に移さな
ければ意味がないと改めて気づきました。ビジネスマナーをしっかりと身に
つけていきたいと思います。
・ストレスは自分の考え方次第で減らしていくことができると知りました。
・これからの1年が、5年後10年後に影響するということを肝に銘じて、1日1日を
真剣に取り組んでいきたいと思いました。
・ビジネスマナーは、自分の行動全てにおいて「相手のため」という意識を持たな
ければならないことを学びました。また、意識を持つだけでなく、「行動する」
ということを肝に銘じます。
・頭では分かっていても、実演するとなるとなかなかスムーズに行動できなかった
り、舌が回らなかったりしたので、自分の体で覚えるまで、何度も何度も訓練
することが必要だと痛感しました。毎日コツコツ積み重ね、立派な社会人を
目指して頑張ります。

本当にありがとうございました。
今回の内容にご興味をお持ち頂いた皆さまには、弊社営業担当が当日の資料を持参し、
ご説明申し上げますので、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。
担当:井上

 

**************************************************

┏━ イコアは各企業「特有」の課題を解決するために、━┓
┗━    研修のカスタマイズにこだわります       ━┛

◎イコアの研修サービスフローはこちら
http://www.ecore-i.co.jp/serviceflow/index.html

◎イコアの人材開発ソリューションはこちら
http://www.ecore-i.co.jp/solution/index.html

◎研修に関するお問い合わせは seminar@ecore-i.co.jp まで
お気軽にご連絡ください。

■□ホームページ更新情報

◎メルマガバックナンバーをホームページに掲載しています。
http://www.ecore-i.co.jp/topics/mailmagazine/

┏━┓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃3■コラム:紺野真理の「海軍におけるマネジメント」(艦隊勤務雑感)
┗━┛—-第18回:   責任の重さの違い
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※以前書かせていただいた「海軍におけるマネジメント(艦隊勤務雑感)」を
復刻版としてメルマガに載せてみたところ、意外にもご好評をいただいたため、
退職後19年を経過した現在の私が当時を思い起こして感じていることを書かせて
いただきました。これまでのものと同様に、私のわずかな経験の中で見聞きした
ことを、特に明確な意図というものはなく、何となしに書いてみたいと思います。
「艦隊勤務雑感」という副題も、あえてそのままとさせていただきます。
むろん、艦隊勤務を本望として20年間生きてきた私のことであり、主に艦「ふね」
(以後「艦」と「船」がごちゃごちゃに出てまいりますのであしからず)や
海上自衛隊にまつわることでお話を進めたいと思っております。

今回は、海軍におけるマネジメントとはやや話がそれるかもしれませんが、
私の原点とも言える体験について書かせていただきたいと思っております。
私の学生時代に話は遡りますが、防衛大学校では昔から「靖国行軍」なるものが
続けられています。現在の4学年が54期生だと思いますが、彼らの中でも続け
られている伝統行事となっています。(ちなみに、私は20期生です)何をするのかと
いうと、土曜日の昼食後(当時は土曜の午前中は授業がありました)の午後2時くら
いに学校を出て、徒歩で翌日朝に靖国神社に到着して参拝をさせていただく、という
ものです。私たちの頃は、まさに陸上自衛隊の服装をして重い半長靴を履いて歩いた
のです。一睡もすることなく歩くわけですから、いかに18歳から22歳までの若者と
いっても、それは、それはきついものであった事を思い出します。私は2学年の時と
4学年の時、都合2回参加しました。実施するのは各中隊(寮のフロアで区分されて
います)単位で4学年が参加者を募って、10名から20名くらいの単位で、あくまで
自主参加として行っていました。最近クラブのOB会に参加すると、「私すでに5回
行ってます」などという現役のツワモノ学生に出会って驚かされたこともあります。
最初に2学年の時に参加したときには、それはきついものではありましたが、
「きつい、きつい」「ねむい、ねむい」と言いながら、多少は後輩の1学年のことを
気にしていたことは覚えていますが、取りあえずがんばってきたという事で終わり、
それなりの達成感を持てたことを記憶しています。

ところがその2年後、4学年になって行った際には大変な思いをしました。4学年3名
で15名くらいの1、2、3学年を同行して出発しました。すでに一度経験済みということ
もあり、最初は意気揚々としたものでした。不安な表情を見せる初参加の下級生に、
「大丈夫だよ、たいしたことないから‥‥」などと元気付けてもいました。
しかし、しかしなんです‥‥、時計の針が深夜12時を回る頃になって、場所はすでに
横浜から川崎近くになっていたことと思いますが、疲労感が前回と大きく違うことに
気付きました。前回のときとは異なり、本当に疲れているということを感じたのです。
そんなときに、下級生の中に、「足が痛いので、靴を脱ぎたい」という者が現れます。
靴を脱がして足を見てやると、ひどいまめができており、これは本当につらそうです。
彼の荷物は手分けをして持つにしても、足を引き摺りながら歩く姿は本当に痛々しい
ものがありました。更に、次の小休止で、別の1学年が、「お腹が痛い‥‥」などと
言ってくるではないですか。計画段階で、多少の余裕は取っており休むことはできます
が、参拝をお願いしている時刻にあまり大きく遅れることは許されません。
体力の残っている者に背負わせることも可能でしたが、背負ったまでは良かったものの、
進行速度は極端に落ちることになりました。そんなこんなと悪戦苦闘しながらも、
何とか大きな遅れもなく目的地である靖国神社に朝7時くらいには到着しました。
その際、自分自身本当にへとへとになっていたことを記憶しています。靖国神社では、
前回同様、東京の足立区で自動車屋を営む私の両親が、店の者を連れて、全員分の
朝食であるおにぎりや味噌汁を用意して待っていてくれました。まずは、下級生におにぎり、
味噌汁を配り終えて自分たちも食べようとおにぎりに手を伸ばしたところ、
父が寄ってきて、「おまえ、前のときより数倍疲れてるな‥‥」と言われました。
「わかるの‥‥?」と聞いてみたところ、「神社に入ってきたときの足取りもさること
ながら、目に出ている」と言われました。そして、更に「軍隊みたいなところで人の
上に立つとはそういうことだ、それを今感じられて良かったんじゃないか」と言われ
ました。さすがに、陸軍の兵隊であったことを自負する父の言葉を重く受け止める
とともに、立場の違いにより肩にかかる責任の重さというものを痛感したものでした。

 

………………………………………………………………………………………………

▽最後に・・・▽
皆さま、いかがでしたか?
来月もまた、皆さまのお役に立てるような内容をお届けしたいと思います。
是非ご期待ください。

Copyright (c) 2020 e-Core Incubation Co.,Ltd. All Rights Reserved.  Web Produce by LAYER ZERO.