【オンライン体験セミナーレポート】オンライン体感ワークで学ぶ ~自律型人材育成~ « 個人を本気にさせる研修ならイコア

ホームサイトマップお問合わせ・資料請求
お知らせ
サービス内容事例紹介講師紹介お客様の声イコアちゃんの部屋会社概要

[2020.07.09] 【オンライン体験セミナーレポート】オンライン体感ワークで学ぶ ~自律型人材育成~

人材育成のやり方は大きな転換期にあります。WithコロナでOJT・OFF-JTもオンラインに移行されています。しかしオンライン研修を実施しながら効果を考えると、集合研修の方が良いのではないかと思う場面にも遭遇します。オンラインに限界はあるのか?今回のセミナーではオンラインの可能性に一緒に挑戦し、体感型ワークをふんだんに盛り込んだセミナーを実施しました。ぜひご一読ください

 

 【プログラム】  1. オンラインを活用した交流タイム
          2. 参加者間の意見交換
          3. オンラインワークを体感

 

 1. オンラインを活用した交流タイム
 オンラインならでは!ブレイクアウトセッションの活用方法
 参加者同士の自己紹介をブレイクアウトセッションの機能を活用し実施。
 参加者は常に1対1で1~2分毎に相手が変わっていく中、積極的に自己紹介をする動きが
 求められるワークを体感。

 

 2. 参加者間の意見交換
 オンラインでも使える!Google JamboardとGoogle スプレッドシートを活用
 グループにて「自律型人材」とはどのような人材なのかをGoogle jamboardを
 活用して議論。また「すでに取り組んだオンライン研修」と「これからのオンライン
 活用方法」をGoogleスプレッドシートを活用して意見交換。

 

 3. オンラインワークを体感
 オンラインでもできる!動きのあるワーク
 グループに分かれ、謎解きワークと伝言ゲームを体感。
 チャットやビデオ会議システムの様々なツールを活用し、
 謎解きワークを実施しオンラインでは難しいと考えられている
 体の動きがあるワークを体感。

 

ご参加者からの感想

  • オンライン活用はビデオ会議が精一杯でした。今回のセミナーでオンライン研修の可能性が見出せたことが大きかったです。
  • オンライン研修の手法のヒントが詰まっていた。様々なツールを使用することで円滑に進めることを知れたのも有益でした。
  • Google jamboardやスプレッドシート等のツールを活用することで、オンライン上でも活発ない議論ができることを体験できた。
  • 顔出しで参加だと、「常にみられている」という適度な緊張感が保たれ、集合研修より受講の濃度はあがる可能性を感じた。
  • 従来集合研修で実施していたようなワークをオンラインで体験できた。
  • オンライン研修を実施する可能性を知ることができた
  • やり方を工夫することでオンライン研修でできないことはほぼない(おおよそ同じ効果を得ることができる)

講師プロフィール

野原 秀樹(のはら ひでき)
株式会社MANY ABILITIES(メニーアビリティーズ)
代表取締役

愛知県名古屋市出身。バレエダンサー、ビジネスパーソンとしてさまざまな経験を積む。
2008年(株)MANY ABILITIESを設立し、体感ワークやインプロ、対話、演習、心理学、コーチングなどのエッセンスを活用した「創造的手法を用いた体感型相互学習」の研修を開発する。
各種企業、病院、大学、介護施設、飲食店などで研修を実施して好評を得ている。
また、受講者の「個性」や「やる気」引き出し、 目的に向けて「場」を創り上げるファシリテーション力に優れている、と各方面から 好評を得ている。現在、オンライン研修の開発にも力をいれ、各所で実施している。

主催者より

現在は、誰もが経験をしたことがない状況であり、手探りの中で決断を求められていることが多いと思います。特に研修においては、集合研修からオンライン研修へ移行が進んでいます。その中で、オンライン研修には限界があるのではないかという迷いから、継続に疑問を感じている方も多いと思います。しかし、我々は工夫次第でオンラインならではの効果も得ることが可能と考えます。この状況下でできることを、一緒に考え共に実践していければと思います。

 

詳細をご希望の方は、以下のフォームよりお気軽にお問合せください。

Copyright (c) 2020 e-Core Incubation Co.,Ltd. All Rights Reserved.  Web Produce by LAYER ZERO.