若手社員育成プロジェクト « 個人を本気にさせる研修ならイコア

ホームサイトマップお問合わせ・資料請求
新入・若手向け研修
サービス内容事例紹介講師紹介お客様の声イコアちゃんの部屋会社概要

若手社員育成プロジェクト

 

 対象

若手層(1年目、2年目、3年目)&課長・OJTトレーナー

導入背景

これまで若手の育成については、新入社員研修・新入社員フォローアップ研修を実施していましたが、それ以外の育成は現場に任されていました。一方、現場では誰もが忙しく、新入社員や若手が配属されても育成する意識が持てず、十分な関わりや育成のために時間を割くことが出来ていませんでした。
ここ数年で急激に事業が拡大する中、現場では人材確保・育成が課題であり、特に若手を早期に一人前に育成することが急務となっていました。また、中途社員の採用も強化しており経験の浅い社員が増加する中、若手を「いつまでに」「どのレベルまで」育成するか会社としての明確な方針がなく意識的な育成ができていないことを課題に感じられていました。
  

職場の問題・課題

  • 若手の育成が現場に任されており、会社としてどのような人材に育てたいかが明確でない

    等級や役職毎の役割は設定されていたものの、若手(1年目~3年目)の期待される役割が明確でなく、Off-JTやOJTを推進するうえで迷いやバラツキがありました。会社としての育成方針も明確でなかったことから、育成方針をはじめとして、3年間で“どのような人材に”“どう育てるか“を改めて考える必要がありました。

  • 管理職が意識的な部下育成をできていない

    課長自身がプレイングマネジャーとして仕事をしており、自分の担当する業務に追われ、マネジメントが十分にされていませんでした。また、部下育成についても優先順位が下がり後回しになりがちでした。人材不足や人材確保の難しさがある中で人材育成に対する意識や考え方を見直す必要性を感じていらっしゃいました。

特徴

  1. 段階的・計画的な育成の実施

    まずは、入社から3年間で「社会人として求められる人材像」「会社の求める人材像」の土台を作るため、等級を基準として具体的に各年次に対する「求める成長」と育成方針を設定するところから始めました。その後、先方人事部と弊社が6ヶ月かけて教育体系・プログラム開発を行い、段階的かつ計画的なトレーニングを設計・実施いたしました。

  2. 新入社員・若手社員の課題と特徴に合わせたアプローチ

    新人・若手育成においては、知識・スキルの学びだけではなく、マインド(意識・考え方)に焦点をあてたアプローチを実施しました。また、新人・若手にありがちな「答えを求める」傾向に対し、「考える力」と「主体性」の発揮を目指し、アウトプット中心のトレーニングを実施しました。

  3. 組織全体で人を育てる意識の醸成・浸透

    OJTトレーナーに任命された若手・中堅社員に対しては役割を明確に設定しました。また、育成の責任者である「課長」にも新人・若手に対するトレーニングの要所に関わっていただき「職場全体での育成風土の醸成」を進めていきました。OJT(仕事を通した育成)の場面でも、上司やOJTトレーナーから新人に対して期待を伝えることや課長がOJTトレーナーに対して動機づけを行うことで、職場全体での部下育成が浸透していきました。次第にOJTトレーナー以外のメンバーも「人を育てる」意識が芽生え、積極的な関わりによって新人・若手を中心として共に成長する組織になっていきました。

     

プログラム概要

 

 

●計画的な成長および行動の習慣化(定着化)

新入社員とOJTトレーナー(課長を含む)それぞれが成長ノートを活用し、実践状況を見える化することで、相互の計画的な成長並びに行動の習慣化(定着化)を促進いたします。

<新入社員>
   自己成長ノート
    PDCAサイクルの習慣化(定着化)の促進
     ● 配属前(研修内)に1年後の目標を設定
     ● 1年間を通じた仕事のPDCAを実践
     ● 目標に照らし合わせ、月に1回OJTトレーナーとの面談を実施
     ● 実践状況を見える化し、企業で必要とされる人材へ早期成長を促す

<OJTトレーナー>
    新入社員の育成管理ノート(+α OJTトレーナーとしての自己成長ノート)
      計画的・継続的な育成の促進(意図的な成長支援)
     ● 新入社員配属前に、上司と新人の1年後の目標を設定
     ● 1年間を通じた育成のPDCAを実践
     ● 月に1回の新人との面談を実施
     ● 実践状況を見える化し、企業で必要とされる新人の早期成長を促す

<新人に求められるもの>

 

 

 

 

 

 

 

 

参加者の声

【新入社員】

  • 一番変わったと思うのはマインドです。学生気分から抜け出して、社会人としての自覚が生まれました。学生と社会人の意識がどれだけ違うか、本当に身に沁みました。
  • 意識するだけではなく、行動しなければならないことを学びました。自分が思っていても、相手に伝わらなかったら、やっていないのと同然です。
  • 自分の至らない点を教えていただけて、意識し現在行動に移しております。厳しいご指導の中でも愛を感じました。

【OJTトレーナー】

  • 新人にも課長にもとても期待されているので、意識だけでなく行動で実践していきたいです。早速明日から職場の良い雰囲気づくりをしていこうと思います。必ず活かしたいです。
  • あいさつやコミュニケーション等、チーム全体で改善していくべきところはどんどん自分から発信していこうと思う。
  • 受け入れる側の意識改革の必要性が大事で、新入社員を受け入れてあげることが重要な役割だと理解した。
  • 新入社員の一番のよき理解者、指導者、支援者としてサポートしていきたいと思う。

【課長】

  • あらためて育成のあり方や自分の考え方を見つめる良い機会になった。職場で若手を育成していくために計画的に意図的に関わっていきたいと思う。
  • ここ数年、部下にOJTトレーナーを経験させることで、確実に部下が育っていると感じる。新人の育成も重要ではあるが、若手・中堅メンバーの育成機会になっていると思う。

担当者よりひと言

3年間、人事部の方々と共に伴走しながら育成体系の構築・支援をしておりますが、新入社員やOJTトレーナーの方々の成長が実感でき、とてもやりがいのある取組みです。まだまだ道半ばではありますが、課長や職場全体で人を育成する意識が根付いてきました。
入社する世代によって特徴は違うものの、その都度人事部のご担当者と打合せを重ね、課題感にあわせながら取り組んでおります。若手育成にお困りの場合は、是非ご相談ください。

 

本取り組みに関心のある方、より詳しく知りたい方は、以下のフォームよりお気軽にお問い合わせください。 

Copyright (c) 2019 e-Core Incubation Co.,Ltd. All Rights Reserved.  Web Produce by LAYER ZERO.